08生活の知恵について of 知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

08 生活の知恵について

知っておくとおもしろ便利な暮らしの知恵

すべりの悪いファスナーはろうそくを塗れば復活
衣類やバックなどのファスナーがひっかかってうまく動かなくなったら、ろうそくを塗ればすべりがよくなります。方法は、ファスナーの端から端までろうそくを丹念に塗り込んで数回、開け閉めします。新品のようになめらかに動くようになります。


割れたファンデーションは乳液で修復する
コンパクトを落として、パウダータイプのファンデーションが割れてしまったことありませんか?そんなときは、割れ目に乳液をたらして指で押すようにすると割れた部分がくっついて、ボロボロになるのを防ぎます。この方法はアイシャドーやチークにも活用できます。


ロングスカートのときは裾を後ろに蹴って階段を上る
ロングスカートで階段を登っていて、思わずふんずけて転びそうになるときありませんか?そんな失敗をしないために、かかとで後ろの裾を蹴りあげるように歩くといいですよ。上手に階段を登ることができます。


縫い針のサビはアルミ箔でこする
しばらく使っていなかった縫い針やマチ針がサビてしまったことありませんか?そのままでは使いづらいですよね。そんなときは、丸めたアルミ箔でサビ部分をこすったり、針を刺したり抜いたりすれば、サビが取れて十分使えるようになります。きりや千枚通しなどのサビも同様に取れますよ。


切れてしまった乾電池は太陽に当てれば復活
使おうと思ったら乾電池が切れていて動かない。そんなときは切れた電池を取り出して、しばらく太陽に当ててみましょう。それだけでまったく使えなかった乾電池が少し復活しますよ。また、その乾電池を5~10分くらい布でこすると、寿命がさらに伸びます。あくまでも応急処置ですが、急場をちょっとしのぐのには十分です。


木の家具は雨の日に買うといい
木の家具は湿気の影響を受けやすいので、買う場合は雨の日に選ぶといいですよ。湿気の多い日でも扉や引き出しのゆがみやがたつきがないものがいい家具です。引き出しがぴったり閉まっているかをチェックするには、真ん中あたりの引き出しを出して、少し勢いよく閉めてみます。他の段の引き出しが飛び出すように少し開けばぴったり閉まっているということです。


ピッタリの靴は夕方買いに行く
午前中の足は引き締まっているので、靴がゆるく感じたりしますが、夕方になるとだんだん膨張していくので靴は夕方買った方が、きつすぎない足に合ったものを選ぶことができます。


木製のお盆は相手に対し木目を横に持つ
木目が見えるお盆には、実は持つ向きがあります。そのお盆にお茶などをのせてお客様に出す場合、相手に対して木目が横向きになるようにするのが正しい持ち方です。縦向きは縁起が悪いともいわれますが、木目を縦向きに持って重いものをのせると、お盆が割れやすいという理由もあるそうです。


ろうそくは使う前に塩水に漬けておく
たまにはろうそくに灯をともし、ほのかな明りの空間でリラックスするのもいいですよね。でも、ポタポタとたれ落ちるロウは気になります。そこで、新しく買ってきたろうそくはまず、塩水につけてからよく乾かしておきましょう。それだけでたれるロウが少なくなって、テーブルまで汚してしまうこともなくなります。


水中ならハサミでガラスが切れる
まるで手品のような話ですが、薄めのガラスなら、水の中に沈めれば普通にハサミで切ることができますよ。ただし、あくまでもガラスなので、試す場合は手を切らないように、ゴム手袋をするなど注意してください。

▲ ページトップへ


氷を水洗いしておけば炭酸飲料を上手に注げる
氷入りのグラスに炭酸飲料を注いだら、シュワシュワーっとあふれてしまったりすることもありますが、氷をグラスに入れる前にサッと水洗いしておくだけであまり泡立てず静かに炭酸飲料を注ぐことができます。


舌を氷で冷やして薬を飲むとにがさが軽減
風邪をひいたりお腹をこわしたりでにがい薬を飲まなければならないときに試してみてください。使うのは氷。舌の上でしばらく氷を転がし、舌が冷たくなったら薬を飲んでみてください。冷たさで舌がマヒして、にがさを感じずに飲めますよ。


お風呂を早く沸かすにはかき回さないこと
お風呂を追い炊きしている途中はかき回さない方が短い時間でお湯を沸かすことができます。沸き上がってから入る前にかき回して、熱さを均一にするようにしましょう。


黒い衣類についた汚れは共布でこすれば落ちる
ジャケットを下に落としたり、スカートを壁ですってしまったり、はたいても落ちきらない黒っぽい衣類についた汚れは、服の裏側などの共布の部分で汚れをこすると落ちますよ。ツルツルした「裏地」ではありません。ジャケットなら襟の折り返し部分など、表と同じ布の部分でこすりましょう。

レンジでチンすれば最後までジャムを使い切れる
ビンの側面にへばりついたジャムを取るには、ふたを外しビンのまま電子レンジで30秒ほどチンします。とろ~っと溶けて底にたまり、ムダなく使いきることができますよ。


重なって取れなくなったグラスのはずし方
お湯と水を使う方法
グラスなどガラス製品を重ねて収納していたらはずれなくなった!そんなときは洗面器などにお湯を張り、グラスを中に立てて冷水を注ぎます。するとスッと取ることができますよ。ただし、お湯と冷水の温度差で割れることもあるのでお湯は熱すぎないようにしてくださいね。外側のグラスはお湯で膨張、内側のグラスは冷水によって収縮するので、グラス間に隙間ができてはずれる仕組みなのです。

キッチン用中性洗剤を使う
中性洗剤を使えばさらに手軽にできますよ。方法はグラスとグラスの隙間に中性洗剤を数滴たらし、すべりをよくしてはずします。


石鹸に輪ゴムをまけば泡立ちがアップ
石鹸の両側2か所に輪ゴムをまくだけで強くこすらなくてもよく泡立つようになります。さらに、キメの細かい泡が立ち、汚れをよく落としてくれます。


きつくてあかないビンのふたのあけ方
ビンをひっくり返す
ビンをひっくり返してふたを支え、ビンのほうを回すようにすると、より大きな回転力が得られてすんなりふたがあく場合があります。ただ、中身がこぼれないように注意してくださいね。

蒸しタオル
冷蔵庫から出したビンのふたがあきにくいとき。これは金属のふたが冷却され収縮し、ビンを締めつけられているからです。蒸しタオルなどをのせ温めると膨張してあきやすくなります。

ゴム手袋を使う
ゴム手袋をはめると、手が滑らず力が伝わりやすいので、ビクともしなかったふたもすんなりあきます。輪ゴムを2~3本ふたに巻いても同様の効果があります。


トイレのあとの臭いはマッチをすって消す
臭い消しスプレーを持ち歩くのは面倒でも外出先のトイレに入ったあとの臭いは気になる。それならマッチをひと箱バックにしのばせておいて。トイレのあとにシュッとひとすりするだけで、臭いを消してくれます。


ネックレスがからまったらベビーパウダーをかける
ネックレスのチェーンがからまってイライラしたら、その部分にベビーパウダーをふりかけ、指でもむようにします。チェーンがパウダーで滑って、スルスルと解けてくれますよ。


ブーツの皮をしなやかにするには
シーズンオフに仕舞いこんでいた革のブーツ。ゴワゴワして履き心地が悪い場合、一升瓶に熱めのお湯を半分くらい入れ、30分程度ブーツをかぶせておきます。しなやかさが戻って、スッと足に馴染みますよ。


切れの悪い包丁は大根のヘタで磨く
大根を料理で使ったら、ヘタはそのまま捨てずに包丁研ぎに使ってみましょう。ヘタにクレンザーをつけて包丁の刃を両面よくこすります。それだけで切れ味がぐっとよくなります。にんじんのヘタも同様に利用できますよ。あくまでも応急処置ですが、ちょっと切れ味が気になる・・・というときに試してみてください。


包み紙のセロハンテープはアイロンできれいにはがせる
きれいな柄の包装紙は、上手にセロハンテープをはがしてとっておきたいですよね。でもテープを取ろうと爪でひっかいた跡が残ったり、紙が破れたりしてしまいます。でもこの方法できれいにはがせますよ。まずはアイロンを用意して低温にします。紙の上からサッと当てると、テープが簡単にきれいにはがせます。ただし、アイロンの熱でテープが溶けないように素早く当てるようにしてください。


布に文字を書くときは水でぬらしておく
子供の体操服や帽子など布に名前や文字を書くとき、にじんでうまくかけなかった経験ありますよ

▲ ページトップへ

バナー広告

logo.png

shozologo.png

看板小.jpg

kurihashi_logo02.png

logo.png

logo_feelplus2.png