03部屋の消臭について of 知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

03 部屋の消臭について

部屋のじめじめや嫌なにおいを解消するひと工夫

洗剤のふたに穴を開けて押し入れの湿気を取る
買い置きの粉末の洗濯洗剤があったら、ふたに穴を開けて
押し入れや下駄箱に置いてみてください。
ほのかに石鹸の香りもいいですが、
この洗剤が湿気を吸って除湿剤の役目をしてくれます。
洗剤がしけってダマダマになってきたら取り換え時です。
こんどは本来の役目、洗濯洗剤として使います。


乾燥剤を熱すとよみがえる
お菓子などの袋の中に入っている
シリカゲル(半透明の丸い粒でところどころ青色が混じっている)
という乾燥剤は、粒の青色がピンクに変わると
湿気を吸ったサインなのですがこれを再生させる方法があります。
フライパンと同じくらいの大きさに切った
アルミホイルの周りを立てて壁を作り、
その中に袋から出したシリカゲルを入れます。
弱火で熱してピンクの粒が青色に変わったらOK。
4~5回は繰り返して使えます。
火を使うので換気には十分気をつけましょう。


たばこで防虫剤
紙巻きたばこ4~5本で、防虫剤が作れますよ。
たばこのフィルターとまわりの紙をはがして中身をほぐし、
それを薄い布やガーゼに包みます。
科学的なことはともかく、たばこには虫の嫌う臭いや
成分が含まれているようです。
また衣類を着用する前に、たばこの臭いを取るため、
直射日光の当たらない場所で風を通してください。


お茶ガラやコーヒーは脱臭剤になる
よく灰皿にコーヒーの粉を入れてあったりしますが、
お茶ガラやコーヒーカスは脱臭剤として働きます。
乾燥させたカスを、ガーゼや古いストッキングでくるんで
臭いの気になるところへ置いてみてください。


新聞紙を敷いて防虫・除湿
新聞紙の印刷用インクを虫が嫌うため、
衣類の防虫対策に古新聞が役立ちます。
また、除湿効果もあるので衣装ケースの底には
古新聞を敷くといいですよ。
ただ、衣類にインクが移らないように
新聞紙の上には白い紙を敷いてくださいね。


脱臭・除湿にも炭は働き者
人によってはご飯を炊くときに炭、飲料水に炭、
冷蔵庫に炭、下駄箱やトイレに・・・
など、家じゅう色々なところで使われています。
脱臭や除湿のために使うなら、押し入れは4~5本、
下駄箱は、2~3本の炭を、湿気のたまりやすい
下のほうに置いておきます。
他のものにつかないよう新聞紙を敷いた
かごに入れたり、ネットに入れて吊るして使うといいですね。


ゴキブリやネズミ取りにホウ酸団子
家の中のゴキブリやネズミの通り道らしき所に、
丸くて白いカピカピの団子を目にしたことありませんか?
この害虫駆除の団子は、料理に使う身近な材料と
ホウ酸を加えて手軽に作れますよ。
じゃがいものホウ酸団子は、じゃがいもをゆでて、
ゆで上がったら10~15%のホウ酸を加えて混ぜます。
団子に丸めて天日で乾かします。
玉ねぎベースのホウ酸団子は、牛乳大さじ1、
玉ねぎ1個みじん切りにしたものをミキサーでペースト状にします。
ボールにペーストしたもの、ホウ酸100g、砂糖大さじ1、
マッシュポテトの素1/4カップ、小麦粉1/4カップを入れてよく混ぜます。
団子に丸めて1週間くらい天日で干します。
家の物陰で怪しい気配を感じたらぜひ一度お試しを。

バナー広告

logo.png

shozologo.png

看板小.jpg

kurihashi_logo02.png

logo.png

logo_feelplus2.png