05のどの痛みについて of 知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

05 のどの痛みについて


カリンのはちみつ漬け
のど飴で有名なカリン。
自家製だと少し手間がかかるけど、のどの痛みや
せき止めにはカリンがバツグンです。
種を取ったカリンとはちみつを容器に入れて水が上がって、
はちみつがサラッとなったら上澄み液だけ取り出して、
熱湯消毒したビンに入れて、冷蔵庫で保存します。
風邪のひき始めに飲むのも効果的ですよ。


はちみつ大根湯
はちみつ大根湯はどのイガイガをとってくれますよ。
大根に含まれる酵素、ジアスターゼが、のどの粘膜を強くします。
【はちみつ大根湯レシピ】
①大根を1cm角に切り、保存容器に入れます。
②①の大根がひたひたになるまではちみつを注ぎます。
③水が上がってはちみつがサラッとしてきたらでき上がりです。
大さじ3を湯のみに入れてお湯で割って飲んでください。


きんかんあめ
きんかんは民間薬として昔からよく用いられてきました。
きんかんの甘煮をいただくと、のどの痛みが治まりますよ。
【きんかんあめレシピ】
①きんかんはよく洗い、たっぷりの水で火にかけ、一度ゆでこぼします。
②きんかんの1/3の分量の砂糖と、ひたひたになるまで水を加えて
アクを取りながらじっくり煮つめます。
その後、熱湯消毒したビンで保存してくださいね。


れんこん湯
れんこんにはタンニンという成分が含まれていて、
その成分がのどの炎症を抑えてくれます。
また、れんこんは滋養にもなるので、
れんこん湯を飲めば風邪の回復にも働いてくれます。
【れんこん湯レシピ】
①れんこんを皮ごとすりおろして、布でこします。
②①を同量の水で火にかけて、しょうゆか塩少々を加えて味をつけます。
③沸騰直前に火からおろせばでき上がりです。


弟切草の焼酎漬け
弟切草の名前には、その優れた薬効を
人に漏らしてしまった弟を、兄が切ってしまったため。
という由来があります。
ちょっと怖い話ですがそれだけ効能があるということ。ですよね。
【弟切草の焼酎漬けレシピ】
乾燥した弟切草1束を、ホワイトリカー1.8Lで漬けます。
半年以上寝かせて、飲むときは水で薄めて少しずつ飲んでくださいね。


長ねぎの焼き湿布
ねぎは風邪にもいいんですよ。
食べるだけでなく、体の外からもねぎのパワーを取り入れましょう。
ねぎの白い部分を10cmほど切ります。
焼いてのどに巻きます。
一晩そのままにしておくと、ねぎの成分が浸透して
のどの痛みが治まります。
ねぎの香りがちょっとキツイかもしれないけれど
この香りに薬効があるのでそこは我慢です。
鼻づまりにも効果があるので
つらいときは試してみてください。

バナー広告

logo.png

shozologo.png

看板小.jpg

kurihashi_logo02.png

logo.png

logo_feelplus2.png