23小物の手入れについて of 知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

23 小物の手入れについて

靴・バッグ・小物の、なるほどお手入れ法

黒い革靴は新聞紙で汚れ取り
新聞紙のインクがクリーニング剤になりますよ。
クシャクシャに丸めて黒い革靴を磨きます。
汚れも落ちてピカピカになります。
出かけ先などで靴磨きの道具がないときに重宝します。


革靴がぬれたら新聞紙を入れて水けを吸い取る
ぬれた革靴は新聞紙を丸めて中に詰め込みます。
ちゃんと形を整えて、日陰の風通しのいい場所に干しておきます。
直接、日の光に当てるとヒビが入る可能性がありますので注意してください。
また、斜めに立てかけておくと靴が反ってしまうので、
平らな場所において干すようにしましょう。
革靴の革は呼吸しています。
毎日履き続けると呼吸困難になってしまうので
1日履いたら2日休ませるのが革靴を長持ちさせるコツです。


白い運動靴はベビーパウダーで見違える白さになる
白い運動靴は汚れるとなかなか洗っても落ちません。
そこでベビーパウダーを利用してみましょう。
まず白い運動靴を普通に洗いよく乾かします。
乾いたら、運動靴の布目にベビーパウダーをはたき込みます。
つまり運動靴のお化粧のようなもので見違えるほど白くなります。
さらに、パウダーでコーティングされているので、
次に洗うとき汚れが落ちやすくなります。
汚れがパウダーの上についているので、
パウダーごと流れてくれます。


革の靴やバックはバナナの皮で磨く
使うのはバナナの皮の内側、白くヌルヌルしている部分です。
この部分を表面がツルツルの革製品にこすりつけます。
そのあと乾いた布でふけば、輝くようなピカピカの仕上がりになりますよ。


スエード製品の汚れは食パンや消しゴムで取る
スエードにシミがついたら食パンやプラスチック消しゴムで落としましょう。
食パンなら毛並みに沿って軽くなでるように、
消しゴムなら汚れをやさしく叩くようにします。
スエードの風合いを損なわず汚れをキレイにしてくれますよ。
ちなみに食パンは新しい物のほうが効果的です。


真珠はオリーブオイルを浸透させた布でふく
真珠の手入れの基本はとにかくふくことです。
汗や皮脂、化粧品などの酸や油に弱いので、
汚れたときはやわらかい布ですぐにふき取れば、
光沢が失われず長持ちします。
たまに、オリーブオイルを浸透させた布でふいておくと、
汚れや乾燥から真珠を保護し、さらに美しさを保てます。
特に汚れたときはやわらかい布にくるみ、
中性洗剤を溶かしたぬるま湯にしばらくつけ、
ときどきやわらかい布で汚れをふいて落とします。
最後に水で洗剤成分を完全に洗い流して自然乾燥させましょう。


新しい皮かばんの臭い消しには石鹸
強い皮の臭いが気になる新しい革かばんには、
ティッシュにくるんだ石鹸を1個入れておけば、
かばんに入れた他のものに革の臭いが移らないし、
そのうち消えてしまいます。
引き出しに入れておけば衣類にさわやかな香りが移るなど
いろいろな場所に使えます。


使用後の傘は色あせしないよう陰干し
使ったあとの傘は、必ず陰干ししましょう。
そのまま傘立てに仕舞ったり、
直接、日の当たるところ所においてはダメ。
骨部分がサビたり、早く痛みます。
色柄物は色あせ、白い物は黄ばんでしまいます。
使ったら陰干しを心がけましょう。


ハンカチ
アイロンをすべらせる方向に注意
ハンカチは縦横引っ張ると、やや伸びる方向と
伸びない方向があります。
伸びる方向にアイロンを動かすと型くずれします。
斜め方向にかけるのも型くずれするので注意。
また、ハンカチは裏からかけるのが基本です。
・伸びない方向を横にして、アイロン台に置き、
アイロンを横に動かすようにかければ、
型くずれせずかけられます。

バナー広告

logo.png

shozologo.png

看板小.jpg

kurihashi_logo02.png

logo.png

logo_feelplus2.png