12サニタリーの掃除について of 知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

12 サニタリーの掃除について

楽にきれいにするお風呂・洗面、トイレ掃除の工夫

お風呂掃除はまだ温かいうちが汚れが落ちやすい
お風呂に入った直後などまだ温かいうちは
汚れが緩んでいるので、キレイに洗いやすいですよ。
特に浴槽はお湯を抜きながらスポンジでこするのが
効率よくおススメです。
仕上げにシャワーで流せば、洗剤なしで
充分キレイになりますよ。
普段の掃除はこれが基本。
ただ、湯ざめには気をつけましょうね。
念入りに掃除をするときは、お風呂用洗剤を
スポンジにつけてから浴槽などをこすります。
洗剤を直接かけるのは洗浄効果にムラが出るので
おススメしません。
また、お風呂から上がる前には体をふいたタオルで
浴槽や壁などをサッとふいておきます。
そうすればカビの発生率がグンと下がりますよ。


小さくなった石鹸は、みかんネットに入れてお風呂洗い
1個では使いづらい小さくなった石鹸を
捨ててしまうのはもったいない。
いくつかまとめてみかんネットなどに入れれば
泡立ちもよくなって、まだまだ使えるんですよ。
さらに、スポンジなどといっしょに入れておけば
お風呂掃除などにも活用可能。
ネットの編み目がブラシ代わりになってよく落ちます。


湯船の湯アカ、髪の毛は新聞紙を浮かせて取る
最後の人が入り終わったら湯船のお湯の上に
新聞紙を1枚広げて浮かせます。
湯アカや髪の毛など、浴槽の黒ずみの原因になる
汚れがみるみる新聞紙に吸い取られます。
新聞紙全体にお湯がしみ込んだら、静かに折りたたんで
引き上げます。
その後の掃除がとってもラクになりますよ。


お風呂の鏡の水滴跡はお酢でふけば取れる
お風呂の鏡についた水滴の跡は、
よく洗ってもふいてもなかなか取れませんよね。
この水アカは水道水に含まれるカルシウムや
マグネシウムなどの金属性イオンが蒸発とともに、残った跡。
これには酢が効果的です。
雑巾にお酢をつけてふき取れば、取れなかった水滴跡も
キレイになります。
それでも落ちない水アカは、お酢をしみ込ませた
ティッシュを鏡に貼ってラップをして3時間ほど置きます。
それから、ゴム手袋をして指先にクレンザーをつけて
円を描くように磨くといいですよ。


陶磁器の洗面ボウルの黒ずみは重曹をまいて手でこする
重曹をまいて陶磁器の洗面ボウルを素手でこすると、
汚れがボロボロ落ちるのがわかります。
指で薄皮をはぐように、汚れを絡め取ります。
ただし、人工大理石や大理石は
変色する可能性がありますので
重曹の使用はやめてください。


壁や床の目地のカビはエタノールと砂消しゴムで取る
霧吹き容器に入れたエタノールを数十秒吹きつけ、
カビの生えた目地に充分しみ込むまで待ちます。
次に乾かないうちに砂消しゴムでこすると、
カビがボロボロ落ちてきます。
仕上げは水で洗い流します。
エタノールと砂消しゴムなら、
臭いもなく、素手でも安心ですね。


便器のしつこい輪ジミは酢水でスッキリ取れる
まずバケツの水を勢いよくトイレに流し水位を下げます。
輪ジミにトイレットペパーを貼りつけ、
濃いめの酢水をたっぷりしみ込ませます。
しばらくおいて、トイレブラシでこすりましょう。


香りが強めの季節の花でトイレの消臭
トイレは締めきった場所、とうのがポイント。
香りの強い花を飾っておくだけで、いつでも
花のいい香りが充満し、嫌な臭いを消してくれます。
季節に合わせて花を変えれば、
目も香りも楽しめますね。

バナー広告

logo.png

shozologo.png

看板小.jpg

kurihashi_logo02.png

logo.png

logo_feelplus2.png