02 調理道具について of 知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

02 調理道具について

まな板や包丁などもしっかり手入れして、気持ちよく使う

包丁は1日の最後に熱湯をかけて殺菌
包丁は基本的には1つの素材を切ったら洗うようにします。
1日の最後には台所用洗剤で洗い、流してから
両面に熱湯をまわしかけ殺菌します。
水けが切れたらふきんでふいて、湿気の少ない場所に
収納しましょう。
1週間に1回は柄との境目部分などもクレンザーで
磨き込むように洗いましょう。
たまにしか使わない刺身用包丁などは、サビ予防に
油を塗ってから収納するといいですよ。


まな板は野菜のゆで汁をかけてこまめに熱湯消毒
木のまな板もプラスチックも1日の最後に、
キッチン用洗剤で洗い熱湯を両面にまわしかけて
殺菌しましょう。
調理の途中も野菜のゆで汁を捨てるときは、
まな板にかけてこまめに消毒。
ただし、肉や魚を切った後に洗わずに熱湯をかけると、
タンパク質が固まってしまうので注意して。
特に生臭さが気になるときは、塩をふりかけて
こすり洗いか、薄めた酢水をかけてしばらく置くと
スッキリしますよ。


おたまや木べらなどの汚れは煮洗いする
金属製のおたまや落としぶたなど、つなぎ目や
すき間にたまる汚れは洗っただけでは落ちにくいですよね。
木べらなど、汚れのしみ込んだ木製品も一緒に鍋に入れ、
弱火で煮洗いしましょう。
1か月に1回のペースで煮洗いをし、
汚れを徹底的に追放しましょう。


油汚れがこびりついたスチールたわしは洗剤水で振り洗いする
ベタベタの油汚れを落とすのに便利な
スチールたわしですが、たわしについた汚れを取るのは
大変ですよね。
でもこの方法だと簡単にキレイになりますよ。
まず、口の広いふた付きのビンを用意して、
そこに洗剤水とたわしをいっしょに入れてふたを閉めて
シャカシャカ振るだけ。
たわしの中に入り込んだ汚れも溶けだし、
きれいになりますよ。


やかんの中の湯アカは、塩水+酢でつけ置き洗い
やかんに濃い塩水をたっぷり入れ、酢を少したらして
一晩置きます。湯アカがキレイになりますよ。
電気ポットの場合は、湯を表示線まで入れ
保温モードのところに大さじ2~3の酢を入れて
そのまま一晩置きます。
翌日に湯を捨ててスポンジなどでこすれば
湯アカがスッキリ取れますよ。


山芋をすったおろし金のぬめりは、大根をすって落とす
洗ってもなかなか取れない山芋をおろした後の
おろし金のぬめりには、大根を少しするといいですよ。
刃の中に入り込んだぬめりと大根のカスが絡まって
後は流し洗いすればきれいになります。

バナー広告

logo.png

shozologo.png

看板小.jpg

kurihashi_logo02.png

logo.png

logo_feelplus2.png