01キッチン掃除 of 知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

知って得する暮らしのアイディア! ~生活便利帳~ 家事コツ

01 キッチン掃除

シンク、ガス台まわりをピカピカにする

野菜カスやみかんの皮でこすればシンクがピカピカに
傷をつけずにステンレス製のシンクをピカピカにするには、
大根やきゅうりのヘタなど、調理の際に出た
野菜カスでこすって磨きましょう。
みかんネットなどに大根やみかんの皮を入れてこすっても、
シンクを傷つけずに磨けます。
仕上げにサラダ油を少し含ませた布やレモンの皮でふくと、
さらにピカピカになりますよ。
また、飲み残した炭酸飲料をシンクに振りかけて、
スポンジで軽くこすっても、シンクがきれいになります。


蛇口は酢水でふけば水アカやくすみが取れる
くもった蛇口に、水で薄めた酢水を吹きかけ空ぶきすると
サッときれいになります。
他にも、重曹や、揚げもので残った小麦粉で磨く方法もあります。
固く絞ったふきんに重曹か小麦粉をつけて蛇口をこすってみてください。
粉を拭き取ってから、さらに空ぶきするとピカピカになります。
蛇口の掃除はつい見落としがちです。こまめに手入れを忘れずに。


ガス台の煮こぼれ、油汚れはくだいた卵の殻で磨く
こびりついてなかなか落ちないガス台の汚れは、
細かくくだいた卵の殻をまいて、洗剤をつけたスポンジでこすりましょう。
卵の殻が研磨剤代わりになって、頑固な汚れを落としてくれますよ。
また、ビールをしみ込ませた布や、古くなったフリースの服を
切ったもので水ぶきしても、サッときれいになります。


麺類のゆで汁でガス台掃除
うどんなどのゆで汁は残しておいて
ガス台掃除に使いましょう。
使うときは再び熱して、ガス台にたらします。
湯の熱で汚れが溶け、ゆで汁のでんぷんが
汚れを包みこみ、ふき取りやすくなりますよ。


換気扇の汚れは使い古しの油につけて落とす
換気扇や五徳など油汚れを落としたいものが入る
ビニール袋などに、使い古しの油といっしょに入れて
口を閉めます。
全体に油がまわるようにし、しばらく置きます。
そのうち汚れが浮いてくるので、ボロ布でふき取って
石鹸で洗い流しましょう。


換気扇の油汚れは小麦粉でも取れる
フライなどで小麦粉が残ったら換気扇掃除に利用してみましょう。
新聞紙の上に外した換気扇を置き、小麦粉をふりかけ
2~3時間置きます。小麦粉が油を吸い取って
後は雑巾でふき取るだけで汚れがポロポロ取れます。


魚焼き器の網の焦げはタワシよりナスのヘタで取る
ナスのヘタで魚焼き器の網をこすると、やわらかいヘタが
網にくい込み、こびりついた焦げを取ってくれますよ。
これは、タワシでこするよりも効果的です。
また、受け皿に米のとぎ汁を入れて魚を焼くと、
とぎ汁が落ちてくる魚の油を吸収して、受け皿掃除が
グンとラクになります。


排水口のぬめりと悪臭は重曹+酢で撃退する
重曹と現役の酢を合わせるとシュワッと発泡し
汚れが浮き上がります。
まず、排水口内の水けを取り、中にたまった水を
ボロ布で吸い取ります。水けがなくなったら
重曹を1カップふり入れて、重曹にかかるように酢を注ぎ、
汚れが浮くまで数分待ちます。
あとはお湯を勢いよく流せば、ぬめりと悪臭がなくなります。
細かい汚れには歯ブラシでこすると落ちますよ。


手についた油汚れは砂糖をまぶしてこすり洗い
料理中に手についた油汚れには砂糖を利用しましょう。
小さじ1くらいの砂糖を手にまぶしてこすり、水で洗えば、
手についた油のベタベタがキレイに落とせます。

バナー広告

logo.png

shozologo.png

看板小.jpg

kurihashi_logo02.png

logo.png

logo_feelplus2.png